檜山広域行政組合消防本部
TOP >>

●お知らせ

檜山消防本部からのお知らせ

■『住宅火災警報器』の設置義務化

平成23年6月より皆様のお住まいにおいては『住宅火災警報器』の設置が義務付けられました。(基本的には火災時の逃げ遅れを防ぐ「寝室へ繋がる居住空間及び寝室への設置」を重点的に、複数の設置が義務化。)
現在、わたくし達の住む『檜山管内の設置数』(平成23年12月1日現在)は、以下のとおりとなっております。

全世帯数 19,323世帯
アンケート調査世帯  6,658世帯(34.5%)
複数設置の世帯数  4,707世帯(70.7%)

 昨年(58.7%)からみると大幅な設置率のUPとなり、この結果は地域住民の皆様方や企業の協力、各町内会や各クラブ等、そして婦人防火クラブと消防団員の協力あってこその結果だと思い、心より感謝しております。

 来年度の設置率100%を目指し、過去の教訓を風化させない「防災活動に強い檜山!」「子供とお年寄りに優しい檜山!」を目標に掲げ、地域住民全体で取り組みましょう!



■檜山広域行政組合『消防団協力事業書表示制度』

>>協力事業所一覧



TOP組織概要火災・救急情報安心情報活動レポートお知らせ
HOME
消防本部へのご連絡はこちら